グッバイマイフレンド!〜2017秋〜

前回怒りを爆発させて次回はもっと楽しい内容を...とか言っときながら後日談がありすぎて無理だった★

 

本当に思うのは、あの日一緒に見てなくてよかったな!ということだ...。多分だけど、あの日一緒に見ていて、そんな時にあの悪びれもせず半笑いを込めてあのセリフを言われたらその場で取っ組み合いの喧嘩が始まっていた気がする(遠い目)

 

そして後日談だが、やはり彼女は何一つわかっていなかった。そしてなんか逆ギレされて私もはて????という疑問符ばかりが浮かんだ。

 

はっきりと言っておくが、私は彼女の好きなグループの仕事が多いから怒っているわけではない。KAT-TUNの復活に水を差すような事を言われたからである。

 

そんな事今に始まった話ではないのになぜ今そんなへんてこりんな解釈をされたのか心底謎である。いや、そりゃ羨ましいな!贅沢者め!と何度も思ったというか普通に思っているが、別にそこはどうでもいい。今更すぎてもはや論外。努力してきたのに!何もわかってない!と謎の逆ギレをされたが、いやいやそこじゃないんですけど????ともはや笑った。少なからずどのグループもそれなりの努力とか人望があって成り立っていると思っているんですが????と思わずツッコミそうになった。

 

論点をすり替えられてもはや笑うしかないのは私だけか...????

 

私は、KAT-TUNの復活に水を差すような事を言われ、誰にその統計取ったんだ?あぁん???とツッコミたくなるような事を言われたことに怒ったのである。そもそも、百歩譲って彼女が亀担でユニット推しならまあわかるんだが、彼女は亀担ではない。今まで一度も亀担だったこともない。なんならアンチの時の方が多かった。それなのに私、知ってるよ!みんなそう思ってるよ!みたいな事を言われたから私は怒った。

 

そして私的にちゃっかり親のスネかじって入った10ks!の亀の挨拶ちゃんと聞いてたか???お???という感じである。彼女はつい数日前あんな酷い事を言い放ったというのに、10ks!では泣いたといい、復活待ってると言うのだ。おかしな話である。

 

KAT-TUNを好きな亀梨和也でいたい。」

 

これって裏を返せば、KAT-TUNを嫌いになりかけたことも多々あったということで、それでも背負い過ぎなくらい、そんなに背負わなくてもいいんだよ、もっと周りに甘えていいんだよ、というくらい私達には計り知れない色んなものを背負ってKAT-TUNの為に頑張ってくれている彼が言った言葉。この言葉をあの日、あの時、あの場所で彼女は何を聞いていたというのだろう(ついついラブストーリーは突然にを放り込んでしまった)こんなにも覚悟を持って、KAT-TUNを守ろうと、好きでいてくれる彼に対してなぜあんな事を言えたのだろう。結局の所、彼女は亀担ではないし、きっと何気無く言った事なんだろうけど、私にはやはり理解が出来ない。それを論点をすり替えられて自担の努力を語られて逆ギレされてもこちらが逆ギレしたいよ、まったくもう。

 

誰しも自担が一番だし、一番であってほしいと願うのは普通だから別に良いが、何かと矛盾している事が多いのも事実だからなんとも消化不良になるのである。待ってる!応援してる!と言いつつ、自分で金払って入るのは自担のグループだけとかどんだけ自立しない大人だよ!お前もアラサーだぞ!働け!と真顔で言い放ってしまいそうだ。

 

なんだかこの件でとても疲れてしまった。そしてどうでもよくなってしまった。きっと今後あまり関わり合うこともないんだろうな、とすら思える。グッバイマイフレンド!

 

わけわからなくなってきたが、そろそろ終わりにしよう。次こそは楽しい内容にしたいな!